誰でも喜ぶフラワーギフト│工夫を加えた贈りかた

メンズ

知らなかったでは済まない

贈り物

赤ちゃんが生まれたら出産祝いとして多くのいただき物をもらいます。その出産祝いにいただいたお金や品物はおめでとうという気持ちと、これからの育児に役に立てて欲しいという気持ちが込められているのです。そのため、赤ちゃんに対しての贈り物になるため、お返しは必要ないとされていますが、最近では内祝いとしてお返しすることが一般的になってきています。この出産祝いのお返しにはマナーがあり、知らなかったでは済まされないのです。しっかりと覚えておく必要があります。一番やってはいけないことが、いただき物のお金や品物より高価な物を贈ることです。その理由は、貴方からの贈り物は必要ないという意味が込められているということになるようで、もらった方は頭にきてしまう可能性があります。出産祝いのお返しには金額の相場があり、いただき物の3分の1から2分の1が目安になるのです。また、3分の1以下になることがあってもいけません。また、出産祝いのお返しに喜ばれるものは挨拶状やカードです。逆になくてはならないくらい一般的になっています。特に年配の人は、内祝いに挨拶状やカードがないと違和感を覚えるでしょう。このようなことに注意して、正しい内祝いを贈り感謝の気持ちを伝えることが大事になります。せっかく喜ばしいお祝いなので常識のあるお返しをしなければいけないのです。また、相手の家族構成に合わせた品物を贈ることで喜ばれるでしょう。最近では内祝いにカタログギフトを贈るという方法もあります。